内科(呼吸器・循環器・消化器・糖尿病外来・各種健診(入社・定期))
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4-7-2
TEL 06-6203-7636

 

 

診療案内

当院での糖尿病への取り組み

糖尿病治療の最大の目的は食事運動療法など規則正しい生活・服薬・注射などの自己管理を行えるようにし、合併症(大血管障害・・心筋梗塞、脳梗塞や足の壊疽など)(細血管障害・・網膜症、腎症、神経症)を防ぐことにあります。
従来の外来は診察時間に制限があり、血糖とHbA1Cのみを診て食事運動指導や薬物療法を行う医師側の一方通行の治療が多かったのが現状です。
しかし患者様側からすると糖尿病になると医療者が考える以上に様々な心理的負担がかかってきます。まず糖尿病と診断された時から患者さんには自己管理という重い義務が発生します。

糖尿病のストレス原因は多岐にわたり
糖尿病に対する否定的な医学情報 →いくら頑張っても治らない
周囲との関係 →監視・干渉特に生活(食事について)
社会的な偏見 →贅沢病といわれたり、仕事に支障がでたり
経済的負担 新薬による医療費負担増大による治療中断
医療関係者との関係 →不信感、悔しさ、恐れ、怒りなど
喪失体験 →今までできたことができなくなってしまう
燃え尽き症候群 →頑張りすぎて努力が続かなくなる etc・・・

最新の専門的な糖尿病の知識を提供することは当然の医者の義務でありますが、生活様式や糖尿病に対する考えや悩みなどの様々な精神的・肉体的要因は個人により大きく違います。
その為、充分それらをふまえて、個人個人に応じた治療目標を設定する必要があります。一緒に考え、患者様ができるだけ楽に糖尿病と付き合っていける外来の実践を目指しています。
気兼ねなく受診してください。最初の診療はいろいろお話を聞きたいので30分・1時間必要となりますので事前に電話予約ください。
*緊急性を要する疾患の場合は適切な病院(連携病院参照)紹介させていただきます。