内科(呼吸器・循環器・消化器・糖尿病外来・各種健診(入社・定期))
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4-7-2
TEL 06-6203-7636

 

 

トップページ»  ブログ記事一覧»  2月2日 ミニ同窓会

2月2日 ミニ同窓会

2月2日 ミニ同窓会

豊中市医師会産業医研修会を聴きに千里阪急ホテルに行ってきました
最近の労働安全衛生改正の動向と、産業医に求められる役割 大阪大学安全衛生管理部 教授 山本 仁先生


平成26改正 改正労働安全衛生法のポイント
化学物質管理のありかたの見直し→化学物質リスクアセスメントの義務化
ストレスチェツク制度の創設 →労働者の心理負担把握のための医師等による検査の義務付け
受動喫煙防止の推進 →受動喫煙防止のための措置を努力義務化

重大な労働災害を繰り返す企業への対応
外国に立地する検査機関等への対応
規制、届出の見直し等
職場巡視における化学物質管理のチェックポイント
1 有機溶剤のにおいがしないか? 人体曝露、引火、爆発のリスク大
   局所排気装置や換気扇の作動状態、使用法の確認
   廃溶媒タンクの確認
2 毒劇物が作業台上等に放置されていないか?
  薬品に対する管理意識の指標
  毒劇物薬品庫の鍵、使用簿のチェック
  廃溶媒タンクの確認
3 あまり馴染みのない薬品の危険性について相談されたら
 
沸点と飽和蒸気圧から気中濃度を推定
  消防法危険物の分類番号を確認(容器ラベル、MSDS等)
 
揮発性のランク 液体の物理的性状
沸点 低 150℃以上 中 50℃以上~150℃未満    
高 50℃未満                     120℃以下は危険と考える
安全データシート(SDS)の交付義務の対象である640物質
 *ラベルから判断する 引火性物質マークは? 毒性マークは? 医薬用外刺激物表示は?
消防法危険物の第4類 消防法危険物第四類(引火性液体)引火性を有する液体
(第三石油類、第四石油類、動植物油類は1気圧20℃で液状であるものに限る)


夜は大学時代の同級生とミニ同窓会 合計8人


北新地のふぐまるさんでくえ料理を
1人はお産で2次会から1人は透析病院での緊急対応で遅れ、一人は研究会で遅れ 皆さん忙しい
この年になると話題も自らの病気の話が増えました


2次会は全員8人がそろいいつものスナックに行き、
カラオケを熱唱してもりあがり、これからも頑張りすぎずにほどほどでやっていこうと、みんなで誓い終了

 

2019-02-03 08:02:42

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント